宮大工ストーリー

What do you want in Japan?

「癒されたい」という欲求が動機になる高付加価値
ZENの思想を学びたい。無の発想から現代社会につかれたハートにつきささる癒しを宮大工の無の世界は我々に与えてくれる。

「つながりたい」という欲求が動機になる高付加価値
「観光」でなくローカルでダイレクトにつながりたい。アーキテクチャーハブ、、、寺社リアルサイトでの建築エクスペリエンスはローカルの強みだ。

「食べたい」という欲求が動機になる高付加価値トラベル
美食家が持つマグネットは現地に行かないと食べることのできないローカル食に反応する。宮大工ツーリズムの提唱する旅館で食す和食も世界遺産である。

「知りたい」という欲求が動機になる高付加価値トラベル
イタリアのミラノサローネ、フランスのメゾンエオブジェ、そこに日本の宮大工。日本建築ミステリーの解明の可能性や新しい発見にドキドキしたい衝動にかられる。

「触れてみたい」という欲求が動機になる高付加価値
ここでしか触れることのできない+α。宮大工とのヒューマンコネクションは特別な「時」を創り出す原動力になる。

We are still on.

千年以上生きる木造建造物を支える男たち。

宮大工ツーリズム、はじまる。

関連記事

PAGE TOP